新型インフルエンザ流行時の対応について

2009年12月14日
お客さま 各位
新型インフルエンザ流行時の対応について


  新型インフルエンザにつきましては、11月4日に広島県内全域にインフルエンザ警報が発令され、本格的な冬の到来とともに憂慮する状態が続いております。当金庫におきましても、従来より予防策としてうがい薬、消毒液の設置等、新型インフルエンザの感染防止に努めております。
  また、職員に対しても、職場や家庭における手洗い、うがい、咳エチケット等の感染予防策を十分に行うよう注意喚起を図っています。 

  今後、当金庫の営業区域内で新型インフルエンザが流行した場合には、お客様や当金庫職員の安全を守るために、職員にマスクの着用を義務付ける可能性があります。お客様にマスクをしてご対応させていただくことは誠に恐縮でございますが、業務の継続及び感染の拡大を防ぐための措置ですので、予めご理解をお願い申し上げます。
  なお、新型インフルエンザの感染拡大を予防するためには、人と人との接触を少なくすることが有効と言われておりますので、お客様におかれましても、できる限り外出が不要となるようお備えください。

平成21年12月14日
呉信用金庫

ページトップへ