外貨預金

外貨預金とは

外国通貨でお預け入れいただく預金で、お利息も外貨でお受け取りいただけます。

  • ポイント1 金利
    金利は、その外貨を発行している国の金利が反映されます。日本の金利が低い状況では、比較的高い金利での運用が可能となります。
    ※金利情勢によっては円預金の金利よりも低くなる場合がございます。
  • ポイント2 為替差益
    円高時に預けて円安時に引き出すことで為替差益が期待できます。しかし、お預け入れ時より円高になると為替差損を被ることになりますので、為替のタイミングを図ることが大切です。
  • ポイント3 取扱通貨
    現在当金庫では、米ドルのみお取り扱いしています。

※ご契約にあたっては、店頭でお渡しする「契約締結前交付書面」を十分にお読み下さい。

商品ラインナップ

外貨普通預金 海外からの送金のお受け取り、外貨を購入してのご入金などにご利用いただけます。

オープン外貨定期預金 米ドル建ての、期間の定めのある預金です。海外の金利を享受できる一方、お受け取り円貨額がお払い込み円貨額を下回るリスク(為替変動リスク)があります。

外貨預金を始める上での注意点

為替変動リスクがございます
外貨預金には、為替相場(円と外貨の交換レート)の変動により満期時または解約時のお受け取り円貨額がお預け入れ時の円貨額に満たない(元本割れ)場合がございます。

お預け入れ時の為替相場(TTSレート)よりもお引き出し時の為替相場(TTBレート)が円高の場合、為替差損が生じ、円ベースで元本割れの可能性がございます。また、逆にお預け入れ時の為替相場よりも円安でお引き出しされた場合は為替差益を享受することができます。仮に為替相場が変動しなくてもお預け入れ時相場(TTSレート)とお引出し時相場(TTBレート)との差(2円)がお客さまのご負担となります。

外貨普通預金運用例

ご契約の際の注意事項
  • 外貨預金は預金保険の対象ではございません。
  • 外貨預金は円ベースでの元本の保証はございません。
  • 外貨預金のお利息はマル優の適用を受けることはできません。
  • ご購入された資産の減少を含むリスクは、外貨預金をご購入されたお客さまに帰属いたします。
  • 外貨預金のお預け入れまたはお引き出しに際して手数料を申し受ける場合がございます。
  • 外貨定期預金の満期日前の中途解約は原則としてお取り扱いいたしません。

    ※当金庫がやむを得ないと認めた場合は、当該通貨の普通預金利率を適用してご解約いたします。

外貨預金手数料および適用相場

お取引内容 手数料・金利等
お預け入れ 円の現金でのお預け入れ 為替手数料(1米ドルあたり1円)を含んだ為替相場である当金庫所定のTTSレートを適用
円預金からのお振替
米ドル現金でのお預け入れ CASH受入手数料(1米ドルにつき1円)
米ドルT/Cでのお預け入れ 当金庫の料率で計算した米ドルメール期間立替利息+取引手数料(お預け入れ額の0.05%または最低手数料2,500円)
ご本人の外貨預金からのお振替 ご本人間のお振替は、手数料がかかりません。
到着した外貨送金でのお預け入れ 被仕向送金取引手数料(お預け入れになる外貨送金金額の0.05%または最低手数料2,500円)
お引き出し 円の現金でのお引き出し 為替手数料(1米ドルあたり1円)を含んだ為替相場である当金庫所定のTTBレートを適用
円預金へのお振替
米ドル現金でのお引き出し CASH払出手数料(1米ドルにつき2円)
ご本人の外貨預金へのお振替 ご本人間のお振替は、手数料がかかりません。
米ドルでのご送金にご使用 送金手数料(4,500円)+取引手数料(ご送金金額の0.05%または最低手数料2,500円)

※上記手数料には消費税等はかかりません。
※T/Cとは、トラベラーズチェックのことを指します。

外貨預金の税金

利息
  • 個人のお客さま:20%の一律分離課税(マル優のお取扱いはできません)
    ※平成25年1月1日より、お受取りによる利息には復興特別所得税が加算されるため、20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。
  • 法人のお客さま:20%の総合課税(お支払された税金は申告時に他の所得と合算され、税額控除されます)

為替差益・為替差損
為替差益は雑所得として確定申告する必要がございます。
※年収が2,000万円以下の給与所得者の方で、為替差益を含めた給与所得および退職所得以外の所得が20万円以下の場合は確定申告の必要はございません。

為替差損が生じた場合は、黒字の雑所得から控除することができます。
くわしくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申し上げます。


ページトップへ