反社会的勢力に対する基本方針

 当金庫は、信用金庫の持つ社会的責任と公共的使命を果たすため、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対し毅然とした態度で臨み、断固たる態度でその関係を遮断することにより、公共の信頼を維持し、業務の適切性および健全性の確保に努めます。

  • 当金庫は、反社会的勢力との取引を含めた関係を遮断し、不当要求に対しては断固として拒絶します。
  • 当金庫は、反社会的勢力による不当要求に対し、職員の安全を確保しつつ組織として対応し、迅速な問題解決に努めます。
  • 当金庫は、反社会的勢力に対して資金提供、不適切・異例な取引および便宜供与は行いません。
  • 当金庫は、反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から警察、暴力追放運動推進センター、弁護士などの外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。
  • 当金庫は、反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対抗措置を講じる等、断固たる態度で対応します。

【ご注意】
 本方針において「反社会的勢力」とは、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人をいいます。
 暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等といった属性要件とともに、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当要求等の行為要件にも着目して判断します。



各種規定・契約書等への「暴力団排除条項」の導入について

 当金庫では、暴力団等の反社会的勢力との関係遮断に向けた取組みとして、平成22年4月1日より「暴力団排除条項」を導入し、各種預金規定、貸金庫規定や契約書等を改正いたしました。
 規定の改正に伴い、預金口座開設など新たなお取引をお申込みの際には、お客さまが反社会的勢力でないことの表明・確約を書面にて行っていただくこととなります。
 これにより、取引開始後に申込時の表明確約が虚偽申告であった場合や反社会的勢力に該当することが判明した場合等には、取引を停止、または取引を解約させていただくこととなります。
 なお、改正後の規定は改正前からお取引いただいているお客さまに対しても適用となりますのでご了承願います。

当座勘定規定の改正について

 警察庁および金融庁から反社会的勢力に対する対応強化として、「暴力団排除条項を実態に即してより明確化することが望ましい」との要請があり、平成24年7月20日より当座勘定規定を改正しました。


ページトップへ